レディー

ローコスト住宅を経営したいなら費用を調べておこう

和歌山まで結ぶ路線沿線

部屋

阪和線は、大阪の天王寺から和歌山を結ぶ路線であり、沿線上には堺市や岸和田市など大阪のベットタウンとして住宅地が密集するエリアが多い。阪和線で戸建て住宅を探す場合には、天王寺から離れるほど価格面では購入しやすくなる。

詳細を読む

環境が選べます

家

埼玉は新築を建てる際に、自身が望む環境を十分に考えてから建てるということが必須といえます。プランをしっかり立て、その後の生活に影響がないよう、その地域の環境を把握しておくことが、埼玉に新築を建てるメリットになります。

詳細を読む

建築コストを抑えた住宅

住宅

価格の安さや広さ

戸建て住宅の場合、建物だけでなく土地の購入にも、多くの費用がかかります。建物にしても土地にしても、どちらも一般的には広い方が価格は高くなります。そのため購入費用を抑えるために、やや狭い土地に建てられた、小さめの戸建て住宅を選ぶという人は多くいます。ところが建築コストを抑えながら建てたローコスト住宅なら、比較的安く購入することが可能となっています。建築コストが安い分、やや広い土地を購入しやすくなりますし、3階建てにして部屋数を増やすこともできます。つまりローコスト住宅を選択すれば、一般的な戸建て住宅よりも、支払いの負担が少なくなったり、広々と生活できたりするわけです。そのことからローコスト住宅は、地価の高い都市部では特に高い人気があります。

安くなっている理由

ローコスト住宅では、様々な方法で建築コストが抑えてあります。特に多くおこなわれているのは、メーカーから建築資材を直接仕入れたり、作業を自社の職人に任せたりすることで、中間マージンを発生させないという工夫です。また、外壁にサイディングボードを、屋根にスレートを使用するといった工夫もおこなわれています。サイディングボードは、縦幅も横幅も数メートルあるという大きな板状の外壁材です。大きい分、タイルなどの小さな外壁材を1枚1枚つなげていく場合と比較すると、手軽で費用がかかりにくいのです。またスレートの場合、そもそも屋根材としての価格が瓦よりも安い上に、軽量なので搬入にかかる費用も少なめとなります。こういった工夫が凝らされているため、ローコスト住宅は通常よりも安く販売されているわけです。

自然に囲まれた暮らし

つみき

岐阜は名古屋に電車でも近く、充分通勤範囲である為、住宅地としても根強く人気です。いざ新築で家を建てると決めたなら、しっかり相談にのってくれるハウスメーカーや工務店が岐阜にはたくさんありますので、自分たちの希望を伝え、後悔のない家づくりを目指しましょう。

詳細を読む